和風モダン展示場

和への誘い

過去から現代へそして未来へ続く「現代日本の民家の型」

丸喜齋藤組 伝統の大工の技、自然の恵みともいえる、杉・松・ヒバ等無垢の木材、現代的な金属仕様、白い色と黒い色のコントラストのきいた、シャープさは、明快な切妻屋根のカタチと相まって、目に焼きつかれ、懐かしさを想いおこされるでしょう。

心が和み、気持ちが癒されるのは、自然の香りのする、本物の木や漆喰、紙障子、畳など・・・
和の部分なのかもしれない。
「職人の技」をいつまでも、この伝統の工法や技・素材を大切にしながら未来につなげていきたいものです。

「丸喜齋藤組の家」

住宅とは、次世代にまで残る財産です。
時を経るにつれ、価値観とは何かを考えさせ、訴えかけるものを造っていこうと思っています。